今月の農作業

   【2017年08月31日】

 今年の解禁日が決まりました。
 
 今年は、梅雨明け後の天気がとても悪く、日照不足で糖度色付きが心配されました。何とかここまでの仕上がりと成りました。
 
 解禁日は、9月3日となりました。糖度も何とか上がって来ました。

 今年は、8月の曇天が続いたせいで、葡萄の劣化や病気が多少見られます。

 今年は、余り豊作とは、言えません。頭が痛いですが頑張ります!

 私共の園でも9月10日頃より、宅配の手配をさせていただきます。

 今年も宜しくお願いいたします。
   【2017年07月28日】
  
 ご無沙汰しておリます、岡農園です。
 今年は、異常気象の様で、九州北部又東北地域の大雨で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 当方山梨では、雨不足でサクランボや桃も小玉になり不作の年の様です。

 葡萄の方も春先から水分不足で芽吹きから開花まで昨年よりだいぶ遅くなり
農作業もやっとひと段落と言う所です。写真の様な具合の所まで来ました。

 まだ少し球張りが悪いようですが、定期的な雨を期待しています。

 又今年の解禁日が決まり次第お知らせいたします。
 今年も宜しくお願いいたします。
 

   【2016年08月29日】
 
 今年の解禁日が、決まりました、8月28日の解禁となりました。
 
 今年も大変な、猛暑となり、着色が心配でしたが、ここまでの仕上がりとなりました。

 ここまで、順調に生育してきました、私共の園でも9月1日より随時宅配の手配をさせていただきます。 今年もなにとぞよろしくお願いいたします。

 台風10号の行方がとても心配です、余り強い風が吹かないことを、願うばかりです。
 
 種あり巨峰、種無し巨峰両方ありますので、よろしくお願いいたします。

 【2016年07月20日】
 
 今年も、ようやく農繁期を乗り切りました、まだ梅雨明け前ですが、猛烈な暑さが、続いております。
 
 今年は、春先の気温の乱高下で、種ありの巨峰は、無核果(種が入らない物
)が多く大変苦労いたしました。
 
 ここ近年、私共の産地でも種無しの巨峰を栽培する農家が増えてまいりました。私共の園でも、種無しの物を少しずつ増やしていくつもりです。

 今年の解禁日が、決まり次第またお知らせいたします。

 今年もよろしく、お願いいたします。

   【2015年08月28日】

 今年の解禁日が決まりました。
 
 暑さも一段落し、このところ少し過ごしやすくなりました。
 今年は、猛暑日が続き、着色が心配になりましたが、どうにかここまで色が乗りました。
 肩が日焼けした個所も多少有りましたが、なんとかここまでに仕上がりました

 今年の解禁は、本日8月28日と成り例年より少し早いようです。
 私共の園でも、9月1日より随時宅配の手配をいたします。

 送料が少し値上がり致しました、ご理解いただきたく存じます。

 今年も宜しくお願い致します。
   【2015年07月30日】
 暑中お見舞い申し上げます。
 
 今年も無事に、農繁期を終え少し一段落で、体を休めております。

 今年は、五月の気温が高く、花の咲くのも早く作業に追われ大変でした、
今年の出来は、花の咲く時期も好天に恵まれ今の所順調にきております。

 本年の解禁は、少し早く成りそうです。

 又解禁日等が決まりましたら、更新致します。

 今年も宜しくお願いいたします。
   【2014年08月22日】
 残暑お見舞い申し上げます。
 
 今年は、日本中あちこちで異常気象のせいか、沢山の自然災害かあり、被害にあわれた、方々にお見舞い申し上げます。

 今年の葡萄の出来は、色付きもご覧の通り上々の出来栄えです。
 
 今年の解禁日は、9月の1日と成りました。
 
 葡萄の価格は昨年と変わりませんが、配送の料金が幾分上がっています、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 種あり、種なしともここまで、順調にきております、今年もご注文お待ちしております。私共の園でも、9月1日より随時宅配の手配をさせて頂きます。
 

   【2014年07月16日】
 今年の農繁期も終わりました、今年は、2月に大雪が降りビニ−ルハウスのほとんどが、倒壊してしまい、私共の地域でも多大な被害が出ました。
 幸い当園では、被害も出ませんでした。

 今年は、春先花の咲く時期に温度が高く花が一斉に咲き大変作業が時間に追われ大変でしたが、写真の様な、出来上がりになりました。多少種が入らない物もありましたが、上々な出来となりました。

 手入れの最終頃台風の接近が心配でしたが、何事もなく無事通過してくれたようです。

 今年は、種なしを多めに栽培しております。

 又出荷解禁日等、畑の(ブドウ)の様子を更新します。

 今年も、よろしくお願いします。

【2013年08月27日】
 本年度の出荷解禁日が決まりました。

 今年は、天候も良く早めの出来上がりとなり、8月28日の解禁と成りました。

 種有りの巨峰は、猛暑の影響で少し着色が遅れ気味でしたが、ここ2,3日は、朝晩の気温が下がり段々と、色付きも良く成って来ました。

 私どもの、園でも9月に入り次第随時宅配の手配を行わせて頂きます。

 種なしに、つきましては色付き、玉張り、食味も良い出来映えと成っております。

 ご注文お待ちしております。
  
 今年も、どうぞ宜しくお願い致します。
【2013年07月31日】
 ご無沙汰しておりました。今年も、農繁期の作業も一段落致しました。

 今年は、春先の天候不順の気温の乱高下で、葡萄の芽が少し枯れてしまい
どうなってしまうかと、心配しておりましたが、その後の天候が持ち直し良い芽が出てきたので助かりました。

 花咲の時季も(5月下旬より6月上旬)も安定した天候に恵まれ種有りの葡萄も順調に、種が入り実止まりも良く良い物に仕上がりました。

 梅雨明け後の猛暑で、実が日に焼けて枯れてしまった物も少し有りましたが、
写真の通り飛び玉も入り今のところ順調に生育しております。

 今年の、出荷の解禁日は、例年より少し早く成ると思います。

 解禁日が決まり次第又、お知らせ致します。
【2012年08月13日】
 今年の農作業も一段落いたしました。
 一昨年、又昨年と作物の不良の年が続き、今年こそは皆様に喜んでいただける
物をと作業に、奮闘して参りました。
 
 農作物は、天候に大きく作用されて、なかなか思うような物が出来上がらないのが
悩みの種で有ります。(v_v)
 
 今年は、春先の天候もあまり気温の大きな変動が無く、良い花が咲き幸先良い
スタ−トと成りました。

 写真の様に、今のところ順調に生育が進んでおります。

 色付きも少し、遅れ気味では有りますが、最近は、昼夜の寒暖差が有るように成り
ここまで、色付きました。

 後少し、色が入り粒が大きく成ってくれればと思っております。

 今年も、9月初旬の出荷解禁と成ると思います。決まり次第又更新いたします。

 どうぞ、今年も宜しくお願いいたします。
【2011年08月29日】
 本年度の出荷解禁日が決まりました。
 明日8月30日より解禁と成りました。
 当園におきましては、9月4日頃から宅配の配送を順次とり行う事と致します。

 今年は、梅雨期に雨が少なく昨年の様な病気も出ておりません、今のところ順調な仕上がり具合です。

 ただ、少し玉張り(1粒の大きさ)が例年より幾分小さい様な気がします。やはり降雨量が少なかったせいでしょう。

 食味(甘み)色の入り方は、申し分ないものと成りました。

 今年も、ご注文お待ちしております。

 P.S 種無しも御座います。お好みでどうぞ<(_ _)
【2011年07月28日】
 今年も、やっと農繁期も一段落致しました。
 昨年は、梅雨の期間が長く曇雨天が続き、袋掛け後に病気が多発し、
種有り巨峰の大半が白カビ病で収穫不能になり、大変ご迷惑をお掛け致しました。

 本年度は、花咲きの時季の天候も気温も安定していた為、房型も良い物が多く残りました。
 これからは、適度の水分(時折の雨)、と朝晩の温度差で玉張りと着色を期待しつつ、収穫までの約1ヶ月、定期的な消毒、草刈り、畑の見回りを行います。

 まだ、収穫の(出荷解禁日)が決まっておりませんが、おそらく9月初旬だと思います。 決まり次第また、ご報告致します。

 昨年、種無しを、代替えでお使い頂来ました皆様、今年は種有り、種無し両方今のところ、順調に生育しております、今年も宜しくお願い致します。
【2010年08月29日】
 厳しい暑さが続き、体調の管理が大変な毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 今年の種有り巨峰は、梅雨時の長雨と、梅雨明け後の厳しい暑さの影響を受け粒張り、色付きが今一つと言う所です。前回袋掛け作業までは、解らなかった、病気がやはり彼方こちらに見えております、これも長雨のせいだと思います。少しがかっりです。(>_<)ゞ 
 食味に関しては、平年通り美味しいので、お召し上がり下さい。
 さて、今年の解禁日が9月2日と決まりました。私どもの園でも9月5日頃より随時発送に掛からせて頂きます。

 種なしの巨峰も御座います、種有りが少し不作の様なので、大房がご希望の方は、
種なしの巨峰を推すすめ致します。

 ご注文お待ちしております。≦(._.)≧
【2010年08月03日】
 なかなか、更新が出来なくて済みませんでした。<m(__)m>
 
 今年は、冬期に雪も有り畑の水分も十分に蓄えられ、春先の気温は、幾分低温で
推移致しましたが、発芽は良く、昨年より7日から10日遅れで作業も進展して参りました。
梅雨時山梨県内は、例年より降雨量が多く葡萄の病気が心配されましたが、さほどの事も無く、袋掛け作業までこぎ付くことが出来ました。
 
 梅雨明けと同時に激しい猛暑日に、身体が慣れず、早くも夏バテ気味です。

今のところ葡萄も順調に生育しております。

 今年は、昨年より遅れ気味ですが、9月の初旬には、出荷の解禁となると思います。
又、解禁日が決まりましたら、お知らせ致します。
本年も、宜しくお願い致します。
【2009年08月27日】
 梅雨明け宣言が成されてから、曇雨天が続き、なかなか夏らしい天候と成らず
生育状況が、心配されましたが、何とか写真の様な仕上がりに成りました。

 玉張り、着色等に、少し不満も有りますが、平年並みの仕上がりに成りそうです。

 農家は、天候に大きく左右されることが多く、テレビでも野菜の生育が不順で価格が高騰している様です。

 昨年からの重油の価格高騰の煽りを受け出荷資材が昨年よりかなり上がりましたが、何とか昨年と同じ価格にて販売を行いたいと思っております。
 
 今年の、解禁日が8月30日と決まりました、当園でも、9月2日より宅配の手配を始めますので今年も宜しくお願いします。

 種なし巨峰の栽培も自信がついて来ましたのでご注文お待ちしております。
【2009年07月21日】
 大変ご無沙汰しております。
 本年度は、春先から気温が幾分高めに推移し、例年より5日ほど早く生育が進みました。
昨年は、花咲の時季に夜温が下がり、無核果の(種が入らない物)混入が多く見られ、種あり巨峰の品不足により、皆様方には大変ご迷惑をお掛け致しました。

 本年度も、花咲きの時季に多少気温の変動が有りましたが、何とか無事に生育して来ております。
このまま、順調に生育してくれるよう、栽培管理に後少し頑張ります。

 今年の解禁日が決まり次第又、ご連絡致します。

 今年もどうぞ宜しくお願いします。
【2008年09月03日】
 今年の解禁日も8月31日と決まり私どもの園でも、5日より随時宅配の手配を行うつもりです。
 
 今年は、梅雨明け前の天候により、玉が張る時期に降雨量が少なく、今頃になり悪天候が続き少し心配していましたが、写真のような出来となりました。

 玉の張り具合は、多少小振りですが、着色、食味は、申し分ないと自負しております。
 小振りな分、例年より多少房数が多めに入ることも有りますが、ご承知置き下さい。


 皆様のご注文を、お待ちしております。


 PS。種なし巨峰も有りますので、お問い合わせ下さい。
【2008年07月31日】
 大変、ご無沙汰いたしました、昨年の暮れからPCの具合が良くなく、あえなく買い換えをいたしました、。
まだ少し、使い込むのに苦労しています。
 
 今年は、春先の天候も良く、萌芽も順調に行き順調な出だしでしたが、
梅雨時の寒さに開花時期が重なり思うように花が咲かず、無核果が入り、
摘房、摘粒に手間暇がかかり、どうなるかと心配しておりましたが、何とか写真のような、房になりました。

 後は、定期的に雨が降り玉が張るの待ち、色が入って糖度が上がってくるのを待つばかりです。

これからは、葉に病気が着くのと、木に虫が付かないように、定期的に消毒をし、
畑の見回りをするのが仕事となります。

 今年も、皆様に喜んで貰える物がお届けできますように後少しがんばります。
【2007年08月31日】
 厳しい暑さもようやく収まり朝晩涼しく成ってまいりました。
この所の高温の為葡萄の色の乗り具合が心配されましたが写真のような出来具合になりました。
 糖度の方も順調に上がり、出荷解禁日が9月2日と決まりました。

 宅配の方を、9月10日頃より行いますので、宜しくお願いいたします。

 昨年の出来より色乗りが少し遅れていますが、食味の方は、問題なく今年も良い出来に成りました。
 
 今年も、心を込めて作りましたが、自然のもたらす物毎年勉強です。
【2007年07月31日】
 ご無沙汰しております。子供の受験、卒業、進学、引っ越し等春先何かと忙しく、更新出来ず、農繁期に突入してしまいました。今年もようやく、最終段階の袋掛け作業
が無事終わりました。
 
 なかなか、梅雨が明けず、どうにか、このところようやく晴天に恵まれて来ました。

 後1ヶ月位後には、収穫の時期となります。

 今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

【2006年09月01日】
 今年も、いよいよ出荷の時期に成りました。
今年の仕上がりもなかなかの物となりました、今年は、6月の長雨の影響で昨年より
少し遅れ気味となり、9月6日の解禁と決まりました。

 私共の農園でも9月10日頃より宅配の送りを始めたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
 
 味、色、香り共良い出来具合に仕上がって来ております。

 
【2006年07月31日】
 大変ご無沙汰しております、今年は、五月からの曇天で前年より5日から1週間ほど生育が遅れ、又なかなか梅雨が空けず葡萄の花咲の時期に朝晩肌寒い日が何日か続き、無核果(種が入らない小さい粒)が多く見られ、作業が思うように進まず、
先日ようやっつと袋掛け作業も終わり、一段落付いたところです。
 
 とび玉も入って来たようです、今年の出荷は、昨年より少し遅れそうです。
 
 又、出荷の時期に付きましては、更新時に、お知らせいたします。

 今年も宜しく、お願いします。

ps.我が家に新しい仲間が増えました、犬のハヤテです。よろしく(∩.∩)
【2005年08月26日】
 昨日の台風もさほどの被害もなく、無事通過しました。
 
 葡萄の方もそろそろ、出荷の段階に来ています。今年は昨年より1週間から10日
遅れの出荷になり、9月4日の解禁となります。

 又、宅配の物については、10日ごろより始めようと思います。

 今年も、皆様に喜んでもらえる、品に仕上がっていると自負しております。

 今年もどうぞ、宜しくお願いします。
【2005年07月24日】
 農作業も一段落、今年の葡萄の出来ばえは、なかなか、良いものに成りそうです。
 そろそろ、飛び玉(一粒に速いもので色が廻り初め)がしてきました。

 このまま、順調に夏場が越せれば、近年に無いぐらい豊作の年に成ると思います。
定期的に雨が降ることを期待しつつ、今日も畑の見回りに行って来ます。

 今年の収穫は、9月上旬からに成ると思います。

 時期については、又食べ頃に成った頃お知らせいたします。

 今年も宜しくお願いいたします。
【2005年06月11日】
 大変ご無沙汰しております、今年は、年明けからバタバタと色々な事があり、更新出来ずすみませんでした。
 昨年は、天候の不順な年で、花咲きの時期に夜温が下がり、種が入らない物が多く、又夏場の雨量も少なく大きな物が出来ませんでした。
 さて、.今年も農繁期となり、葡萄の花が今満開となりました、今年は、畑や樹や枝によって花の咲く時期がまばらでしたが、夜温も余り下らなかっつたので上手く種が入ることを願っています。

 次回又その様子をお伝えいたします。

 今年も、皆様喜んで貰える物を作りたいと思いますので宜しくお願いいたします。
【2004年08月02日】
 酷暑お見舞い申し上げます。 
 大変ご無沙汰しております、今年は、昨年の曇天の悪影響を受け、春の萌芽
 が不揃でしたが、開花の時期には、天候も良く今年は、良い物が出来ると思って
 いましたが、開花時の夜温が、1日2日低い時期有り、無核果が入り、小房にな
 りました。又、農繁期が終わり一段落しましたが、今年の猛暑と小雨の為、葡萄の
 粒が、なかなか、張らないと思っておりました。
 先日の台風のお陰で何とか、写真の様に成りました。
 今年は、仕上がりも速く、出荷は速く成ると思います。
 今年も、是非ご注文下さいますよう、宜しくお願いいたします。
【2003年09月05日】
 大変ご無沙汰しております、残暑厳しき折如何お過ごしですか?
 長い梅雨が明け、夏の日差しが来ることを願っていましたが、今年は、冷夏となり農作物に多大な被害を及ぼしました。 巨峰も例外ではなく、去年より10日程生育が遅く今月の10日より出荷の解禁となります。写真で、お解りと思いますが、着色の具合は、まあまあだと思いますが、後少し食味が乗って来ると本来の物となると思います。
 ここ数日好天に恵まれ徐々に着色、食味共上がって着ております。
 糖度は、3日で、1度上がると言われておりますので、もうすぐ、美味しい巨峰に仕上がると、思います。
 ご注文を心よりお待ちしております。
 これは、余談ですが、昼間は、セミが鳴き、夜は、コオロギや鈴虫が鳴いています。
 又、今月21日に、第19回巨峰の丘マラソン大会が開催されます、全国各地から市民ランナ−が集まり健脚を競います。アップ、ダウンの厳しい道のりです。
 この模様は、又掲載いたします。
【2003年07月21日】 
 ご無沙汰しております、7月に入り、太陽が恋しい季節ですね。
今年の梅雨は、なかなか明きませんね(v_v)。
 約2ヶ月に、渡る農繁期も一段落しました。(^。^)今年は、雨がしとしとと降る日が多く合羽を着ての作業が多くなかなか思うように作業が進まず、やきもきしておりましたがようやく袋かけも終わり、辺り一面の畑が葡萄の袋で白くなりました。
 今年も、今の所上々の出来具合だと自負しております。
 後は、早く夏の気候に成り日の光が差して葡萄の実に栄養を与えてくれることを願いつつ畑の見回りをします。
 あっ、そういえば、6月の葡萄の作業中、鹿が畑の中に入って着て驚きました。 (O_O)
 今年は、昨年より1週間から10日程生育が遅れました。

 収穫出荷は、9月に入ってからと成ります。どうぞ宜しくお願いします。
【2003年04月12日】
 ご無沙汰しておりますが、お元気ですか? 我が町牧丘町も遅ればせながら桜の花が満開になりました。昨年に比べ一週間か、十日程遅れていますが平年並みと言う所です。
 私共の、近くにある立石神社の春のお祭りの祭典が行われました、西保下の十の区を御輿を担いで一日中回り歩きます。この御輿が、かなり重いので家に帰るともうくたくたです。肩は、赤く腫れ上がるし足は、パンパンになるしで、一週間ぐらい疲れが取れません。(^_^;
写真は、道祖神です。ここの場所では、年が明けると、区の子供から年寄りが集まり「お手討ち式」と呼ばれる。お年賀のお祝いをします。又1月14日には、「どんどん焼き」と呼ぶ、たき火の中に子供の書いた習字やテストなどを入れ、火の中に入れたり、木や針金に刺したお団子を焼いたりして、成績が上がるのを願ったり、虫歯にならないのを願ったりします。この道祖神の中には、女の人と男の人が手をつないでいるところがほって有ると言われています。
 又、牧丘の主立った行事など、お伝えしたいと思います。楽しみにしていてくださいね。
 
 葡萄の生育状況も他の草花と同じで、平年並みに推移しております。
 今月下旬には、新しい芽が出てくると思います。 ゴ−ルデンウィ−クが過ぎると又忙しくなります。 今年も皆様に喜んで、貰えるように良い葡萄を作りたいと思います
【2003年01月01日】
あけましておめでとう御座います。 昨年は、色々と御世話になりました、今年も宜しくお願いします。
 なかなか、更新が出来ず済みませんでした。一年間の様子を乗せてみましたが、毎年同じ様な事柄を、乗せてもと思い悩んで要るところです。
 今年は、牧丘の季節の出来事や町の様子などを、乗せようかと思っています。
皆様からのメッセージやご意見、ご希望など有りましたら、是非お知らせ下さい。
 これからのホームページの参考にしていきたいと思います。宜しくお願いいたします今年は例年になく寒い冬に成りそうです。風邪などひかないようお気おつけ下さい。
 
 写真のお飾りは、近所の人たちと集まり、新年に向けて作ったものです。
造花なので、大事にしまっておいて、来年も使い回しします。
  今年一年皆様にとって良い一年に成ります様に。σ(^^)   
【2002年08月20日】
 毎日毎日、暑い日が続きますが皆様お元気でお過ごしでしょうかヽ(^0^)ノ
いよいよ雨よけハウスの出荷が始まりました。今年は、夜の温度が下がらずなかなか巨峰本来の色が来ませんでした、例年より一週間ほど遅くなりました、味の方は、天候が良かったので甘い葡萄に成りました。先日の台風の影響もさほどなくほっと一息ついています。
 先日もお伝えしたように天候の良し悪しでその年のできが変わってきてしまいます何とか思った通りの品物をと研究しています。
 路地の巨峰も、もう少しでおいしい葡萄となります。慌てずに楽しみながら出荷をしていきたいと思います。皆様のところにおいしい巨峰をと考えています。
 これからは暑い日が来たり涼しい日が来たりしますが、お体にはどうぞお気をつけてお過ごし下さい。(^_^)v
路地物は、9月初め頃より出荷する予定ですので宜しくお願いします。<m(__)m>
【2002年07月21日】
摘房、摘粒作業も終わり袋も掛け終わり、忙しさも一段落しました。写真の葡萄は、手入れ後2〜3週間ほど過ぎたものです、所々色が入り始めました、この様に色が入ることをとび玉が来たといいます。
 全体に色が回ると、そのまま、ぼけた感じになり巨峰特有の紫黒色にならず、赤いぼけた色にしかなりません。
台風の影響も今のところ大きな被害もなく順調に生育しています。
このまま、何事もなく収穫まで無事であることを祈るしか有りません。
 農家にとって天候が一番気になる季節になりました。
 来月中旬には雨よけハウスの収穫となります、露地物は、9月初め頃からになりそうです今年もよろしくお願いします。
梅雨が明けて、お日様がギラギラと暑い日が来ました。我が家は、北から南に風が通り抜ける築、約100年の家ですので冬はとても寒いですが、夏はとても涼しく過ごしやすい建物なんです。 (^o^)
【2002年06月11日】
花が咲き終わり、つぶつぶしてきましたが、これから有核か無核かが決まってきます この巨峰は種ありの巨峰なので、有核の粒が多くないと困るんです。それも花の咲いた時の温度などで決まります。今年は少し寒い日もありましたが、花の開花時期には、天気で暖かな陽気だったので何とか大丈夫ではないかと思います。
 雨が降ったりしながら無核の粒は自然に落ちていくと思います。これからは入梅となります。梅雨らしく適度に雨が降り適度にはれてくれるとありがたいのですが、これも人間の力では何ともならないところです。自然の力に頼るのみというところでしょうか。  そのためのハウスを少し作っています。ハウスの中は、もう少しで粒抜きが始まります。適度の大きさになるように」粒をはさみで一つ一つ抜いていく作業です。
 話は変わりますが、去年天候が思わしくなく本当に2つほどしかならなかった、柿の実が今年はびっしりついています、ある程度落ちるとは思いますが、今年のころ柿は去年の分までできそうな気がします、でも大きさは少し小さめかなとも思います。
 
【2002年05月20日】
連休も終わり、気温の変化が大きい毎日が続きましたが風邪などひいていませんか
萌芽した芽も順調に伸び、今月末までには花が咲き出すと思われます。
 今は、伸びた枝を葡萄園の棚にと止める仕事と、花が咲くまでの間に葡萄の肩房を落としながら葉枚数の少ない(葡萄の葉の数が少ないもの)に付いている房を落とす
仕事をしています。
 今年は近年になく、花が咲くのが早いかなと思われたのですが、夜間の気温が上がらず、意外とゆっくりな開花となりそうです。昼間の気温、特に冷たい雨などもそうですが、夜の気温は、開花まえには一つの目安として考えられます。
 花が咲きましたら、又その様子をお知らせいたします。楽しみにしていてくださいね。
写真でもおわかりになるように、周りには巨峰を中心として、桃 すもも りんご 又
柿のきなどが有ります。それぞれが、いよいよ膨らみ始め、果樹農園の姿になって来ています。又忙しくなります。
【2002年04月16日】
 桜の花が早かったように、巨峰の発芽も早く去年よりもだいたい、一週間から10日ほど早く芽吹いています。
 昨年の夏の水不足もあり、芽吹きが順調に行くか心配でしたが、写真のように芽と芽の間が欠けずにたくさんの芽が出てくれました。この小さな芽が来年の種枝となります、それにたくさんの枝が出るということは、葡萄に養分が行き渡るということです。それにより巨峰の収量も多くなるということなので、発芽がうまく出るかどうかで、その年の始まりが決まることになります。
 だいたい一つの芽から二本の枝が出ます、それを芽欠きといって時期がくると一本の枝を欠いてしまいます、一つに芽に一つの枝にしますそうすることによって養分が分散せず一本の枝に充分に行き渡るようにします。
 日に日に枝も伸びます、その様子を又お伝えします。
【2002年03月20日】
 日に日に暖かくなり、今年の桜の開花は、こちら山梨でも例年になく早く
いつもでしたら信玄公祭りの4月12日に満開になっているか、散り始めている程度なのですが、今年はもうすでに葉桜になってしまっていると思います。近くの恵林寺(えりんじ、信玄公由来のお寺で塩山に有ります。)でも今が満開です。
 このハウスは3月半ばにビニールをかけました。雨よけハウスといい暖房完備はしておりませんので、本ハウスのように7月のお盆に間に合うわけではありませんが、忙しさを分散するためのハウスです。
 中の様子は、まだ路地の葡萄と変わりなく枝を棚に張ってある針金に固定して、つるが伸びて、私たちの作業のしやすい形になるようにしています。
 もう少したつとかわいい新芽が出てきますが、その様子は次にお見せできると思います。 路地の葡萄もこのままの暖かさが続いたら、例年にない速さで新芽が出るかもしれません。その様子も後ほどお見せいたします。
【2002年02月10日】
  遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
 昨年の暮れより、天候を見ながら、作業を続けてきました剪定作業も、ほぼ終わりました。 この写真は、整木、剪定をした後の物です。一昨年以前に出た枝を整理しながら切除し、今年新しく出てくる芽を想像しながら枝を配置し、いらない枝を切除する作業です。今年の冬は雪も少なく作業はスムーズに行うことができました。
 このあとの作業は、ぶどう園の棚の整備や切り落とした枝の後始末を行います。
又来月にかけては剪定後の枝の配置を考えて葡萄の棚に結びつける誘引作業などを行います。
 私共の園では雨よけハウスという施設を行っています、その施設へのビニールの被覆を来月中旬ぐらいに行う予定でいます。
 まだ寒い日が続くようです、皆様も風邪など引かぬようご自愛ください。
 又、来月の作業様子もがんばっつて更新しますのでお楽しみにして、下さい。
【2001年11月28日】
 朝晩の冷え込みも、強くなり葡萄の葉も地面に落ちて着ました。
周りの山々も紅葉し始めました、今月の作業は、堆肥や、米ぬかなどの自然な有機
質を中心とした肥料をかけ、農園の土と混ぜて耕運します。
その作業が今年の農園のお礼と来年の収穫に向けての第一歩の作業となります。
 肥料かけも、全部の畑に巻き終えるのに約2週間ほどかかります。でもこの作業がないと、来年のおいしい葡萄となりませんので、やはり大事な作業となります。
この作業が終わると、畑もようやく一段落となります。
 来月の終わり頃からは、剪定作業となります。この作業は、又お伝えいたします。
 
 【2001年12月15日】
 先月の終わりごろ、パソコンにウイルスが、入り込み更新が遅れてしまいました。
大変申し訳御座いませんでした。
 又来年もよろしくお願いします。 
 皆様、よいお年をお迎えください。     園主 敬白
【2001年10月16日】
 葡萄の収穫も終わり、朝晩寒い位の陽気になり葡萄の葉も黄色く色付きそろそろ
地面に落ち初めて来ました。
 土から生まれて来た物は、土に返すのが一番だと思います。ですから葉っぱがかなり落ちてきて、枝に葉っぱが無くなるまで待って、落ちた葉っぱや、刈り取った草といっしょに肥料を蒔いて来年の葡萄のための土つくりにします。
 これから又、堆肥を中心とした肥料を蒔き、土と十分になじませての作業となります
「今年の収穫をありがとう、また来年もおいしい巨峰が取れますように」とねがいながらの作業です。
 肥料まきが終わると、いよいよ冬になります。北風が吹き、霜が降り、冷たい雨そして雪が降り、また新しい手いれがはじまります。
 その様子はまた追ってお知らせいたします。

【2001年9月5日】
 いよいよ,葡萄の出荷が始まりました、今年の葡萄の出来具合は、いかがな物でしょう、なかなかの出来ですね。
 今年の気候は3月の終わりに雪が降り、それまで順調に芽の出かけていたところへの寒さがたたったのか芽吹きがまばらでした。
それでも何とか花が咲く時期を迎えたのですが、その前まであんなに暖かかったのに、雨が降り、冷たい風が吹き花の咲く期間が長くなってしまい、受粉がうまくいかなかったようです。手入れ時期には、とても暑く空梅雨のように雨もあまり降らず、せっかく膨らんだ粒がしなびてしまったらどうしようなんて心配しましたが、そんな時期も乗り越えて、花切りも終わり、粒抜きも済み袋掛けも終わり手入れは終了です。
左の写真は9月5日げんざいの物です。出荷するときまで中身は袋の中に入ったままです。
開けてびっくり玉手箱、そんな感じです。
【2001年8月4日】
 今は 、葡萄の手入れも一段落房の中にあちらこちらに色が入り始め粒も膨らんできています。
 今は、畑の中の草刈をしながら、葡萄の木に虫が入っていないか見回りをしています今年は暑さも加わり早い時期から出荷できると思います。
 今年も、皆さんの手元に良い葡萄が届けらっれるようにと思っています。
まだ十分な色乗りではありませんがもう少ししたら、きれいな紫黒色になります。






【2001年7月12日】
 各枝ごとに、葡萄の房の数を決めて房を落とし、(最初の頃の約半分位にします。)
房数を多く置くと葡萄の上がり(色の入り具合いが)悪く紫黒色になりません。
 葡萄の粒も大きくなり、最後の仕上げ作業の粒ぬきで毎日忙しく働いています。
この写真は、つぶぬき後の物です。
 今年は、花が咲くのが、遅くまだかまだかと待ちわびていたくらいでした。そのためか
いつもの年より無核果が多く心配しましたが、何とかここまでになりました。
 この作業が終われば後は袋を掛け、その上に紙の傘を掛け(葡萄が太陽に直接当たると葡萄の房が日焼けを起こししなびてしまいます)ればあとは、収穫を待つばかりです。
牧丘では、収穫をするまで、できるだけ袋を取らずにいます。そのため、雨に当たることなく粒の周りについている粉が取れずに出荷できるのです。
【2001年6月3日】
 この写真は 巨峰の花が咲いたところです。一輪 二輪では、香りはあまりしませんが、
畑全体に満開になると、花の香りでむせてしまいそうです。こんなに小さい花なのにすごいですよね。
 この花を一つ一つ手作業で、房切りして行きます。(上から下に花を切り落とし下の尻を軽くつまみます)この作業が一番大切で葡萄の房形が決まります。
 毎朝早くから日が沈むまでもう飽き飽きするくらい行います。葡萄の渋が爪に入り指先が痛いです。
 今年もいい葡萄になりますように。
【2001年5月20日】
 葡萄の房が大きくなりました花が咲き出すのも、もう少し、又忙しい季節がそこまできています。
 新しく出た枝に少なくとも2房から、3房葡萄の花芽が出ます。花が咲いたら1房,1房、
房きりをしてゆきます。
 花が咲く頃に暖かく房全体に花が一斉に咲いてくれると良いのですが、ここで雨がふったり寒かったりすると、うまく受精せず種が入らない無核という粒が入り、大きくならないつぶが入ってしまいきれいな房形にならないのです。
お天気任せなので、難しいです。
 

HOMEへ

かっちゃんの独り言